単純に考えるとそうなりますよね?

強く打とうとすれば、卓球台の大きさは決まっているので単純に入れるのが難しくなる

入れようとすれば、力の調節を測ることになるので自然と強くは打てない


この矛盾した2つのことを究極に成立させているのが世界のトップクラスだと思います。


青森山田と他校の卓球の違いについて(推測) 


レベルが上がれば上がるほど「入れている」だけではダメな状態が訪れます。

また、自分が「強く打ってる」そんなつもりでも、相手から「たいしたことない球」だなぁと思われれば、それは「強く打っている球」にはなりません。
(ここで言う、強い球というのはスピードもある、回転も強い、コースも厳しいといった球の総合値といった意味でとらえてください)


もちろん状況により

入れることを優先するときというのは存在するんですけども・・・

「強い球が入る」

こんな状況が常に生み出せるとしたら、やっぱりその人ってめっちゃ強いですよね。汗


シンプルな記事になりましたが


全国大会に出たい!そういったレベルであれば考えなければいけないことだと思います。