コメントをいただきました。
-----
僕は左利きの日ペン10mm単板片面なのですが、僕は中学の時にはじめて、今高一が終わりかけてるのに、まだ公式戦で一勝したこともありません。
 練習試合の時先生がビデオとってくれて言われたことが、「足が亀ように遅い」と言われたことがあるのです。
それは自分でもわかっているのですがまだできてません。
  他にも自分にできてないことが5つあります
1 回り込みドライブができてない
2 フットワーク(よく動けてない)
3 戻りが遅い
4 ツッツキなどの台上技術がそんなにできて
  てないこと
5 レシーブが弱い(特に横系のサーブに弱く
  高速サーブにも弱い)
xiaさんはこの五つに対してどうなんでしょうか?
-----
質問ありがとうございます。

質問者さんのプレーを実際に見たことがないので、適切な回答が出来るかどうか分かりませんが、、、

1、卓球を始めて約3年で公式戦0勝
2、自分で考える弱点が5つ、先生から「足が遅い」

【公式戦0勝】

まず中学で勝つのと、高校で勝つのとではかなり難易度が変わってくるかなと。汗

正直、そこまでペンでやって勝てないなら戦型変更もありかなと自分は思います。

この質問から察するに目標が「まずは1回勝つ」ということなので、わざわざ難しいペンドラという戦型でなく用具の力で勝ちに行くというのが1つの提案。

さらに左というアドバンテージがあるので、サーブレシーブで崩して異質でミス狙いというのはかなり理にかなっている気が、、、




目指すはガネさんの異質(粒とかアンチとか)多め状態。

ちなみに注意ですが、どこを目標にするかによってどういうテクニックを身につけるかは変わります。

今、アドバイスさせていただいているのは「1回勝つ」のが目標の話なので、異質苦手な人にワンチャン勝つという体で話しています。

どんな相手にも勝ちたいとなったら、卓球の技術・卓球人としての能力の総合値が求められるので、必然的に練習をたくさんしなければいけません。

【弱点が5つ、足が遅い】
1回り込みドライブができてない
2フットワーク(よく動けてない)
3戻りが遅い
4ツッツキなどの台上技術がそんなにできててないこと
5レシーブが弱い(特に横系のサーブに弱く高速サーブにも弱い)

これらの弱点プラス、足が遅いということを加味すると、、、

結論としては「勝つためにペンドラを辞める」という結論にしかなりません。汗


ざっと、


動けなくて台上が下手ということであれば、打てる球も来てないし、相手から攻め込まれてばっかりの状態なのでペンドラじゃなくて、攻撃型として能力的に不足している部分が多いかなと思います。

例えば、台上が上手く相手を崩してチャンスボールを作れるなら、足が多少遅くてもそこまで問題になりません。


逆もそうです。多少厳しいボールが来ても動いてフォアが打てるならそこまで問題じゃありません。(一番は甘い球を来させるのが一番いいですけど)



IMG_1516 










































サーブレシーブで多少なりとも優位に立てるのであれば、その後のラリーは上手くいくことが多いので

僕から出来るアドバイスのまとめとしては

・サーブレシーブ・ブロックを鍛える(異質)
・またはサーブレシーブで自分が動けて打てるボールを演出する

ですかね。

難易度としてはサーブレシーブ・ブロックのほうが簡単なので、コチラをオススメします。







ワタクシも同レベルの中では、かなり動きが遅かったり、パワーがないほうですが

台上の細かい部分や、読みが冴えてる方なので戦ってこれた部分があります。

参考としてやっすんとの試合を貼り付けておきますが、台上で有利になったときは

ガッツリ打ち込んでいます。それ以外はやられています。悲





この記事が何かの参考になれば幸いです。