大学の後輩、徳増君とのLineにてhttp://tokumasu-takkyu.sakura.ne.jp/profile.html

image 


































※このオケラという表現はおそらく東海地方の表現だと思いますが、上手じゃないという意味です。



ここではどういうことを喋っているかというと、どこまでのレベルかは分かりませんが、

「最初のうちは台上技術ってそんないらないよね」って話です。


というのも、対戦相手が「ちゃんと2バウンドする短いサーブを出してこない」というカテゴリが存在するからです。

またそういうカテゴリだからこそ「レシーブでストップするという文化がない」ので(全員のサーブが長いため)

卓球台の上で打球する場面が極端に少なくなると。

それだったら台上の練習いらないよね~っていう話からの


でもある程度、強くなったらサーブがちゃんと2バウンドする、レシーブでこちらに打たせないようにストップしてくるというレベルが出てくるよねー。


そうなると、今度は自分が得意だと思っていたドライブが「打てない」という現象が起きてくるよねー。


これを上級者の選手なんかは「あいつ、ラリーの入り口下手だからいくらドライブ凄くても大丈夫」みたいな表現をします。ってな話が全容です。


もちろん、ある程度卓球のレベルにおける使う技術の全体像が見えている指導者の方は

「今は使わなくてもいずれ必要になるし、今の時期に身につけておかないと覚えが悪くなる」みたいなタイミングなどを心得ているかと思います。


まあ、どんな時でもサーブレシーブ、ブロックは負けない卓球をするために必要なことだと自分は思っているんですけどね。


さて、あなたのプレーするカテゴリでいらない技術というのは結構あるんじゃないでしょうか?