コメントをいただきました。
-----
  • 卓球3S理論では相手の時間を奪うなどの「時間」と言う概念での話が多いと思います。また、「時間」を奪うことの必要性について多く情報を発信していただきましたが、逆に自分の時間が奪われてしまっている場合にはどうしたら良いのでしょうか?これは言い換えると「時間」を作るにはどうしたら良いかと言う質問です。例えば女子選手と男子選手がやった時に「卓球が速くてついていけない」「ツッツキが深くて速くてドライブが打てない」と言ったことです。格上や自分より強い選手に勝つために相手の時間を奪うことの重要性や方法はDVDやブログを通して知ることができたのですが、そもそも格上とやると自分自身の時間も奪われてしまって差し引きゼロもしくは相手の方が多く時間を奪っているなどして、自分の時間が足りずにミスをして負けると言うことが多くあります。なので自分の時間が足りない時に自分の時間を増やす方法や、相手に時間を奪われない(奪われにくくする)方法などがないかと言うのを知りたいです。
    例 相手のツッツキ深くて速くて打てない
    相手のドライブのコースが読めない
    …などです。
-----
質問ありがとうございます。

時間を作るにはどうしたらいいの?ということですが

まず大きな方法として2つあります。
1、卓球3S理論の予測、反射、身体の3つのスピードを鍛える
2、打球感覚でボールを操り、次に打つ球の時間を作る

まず1つめですが、、、

Xia論法New




















この相手から「打たれて」~「自分が打つまで」の情報処理を単純に鍛えようねってことです。
卓球ぽく言うと
・反応を速くする
・動きのスピードを速くする
といったことです。

その方法というのは色々なアプローチがありますよね?
それは今回は特に言いません。(長くなっちゃうので)


次に2つ目の
打球感覚でボールを操り、次に打つ球の時間を作るということですが

これも大きく方法が2つあります。
2-1、ボールを遅くする
2-2、回転を強くかける

動画で見たほうが分かりやすいので、代表的なプレーを紹介します。

まずは2-1ボールを遅くする

 

ボールを遅くするというのは

1セット目の打点を遅くしてツッツいたり

苦しいと思った時にボールを高く上げてロビングするといった

「時間の作り方」になります。(でも相手にも時間が与えることになるというのは忘れない)

ペンドラなのでラリーを速くしすぎても、良い部分を出せなくなるので、フィジカルが目に付く戦型ではありますが、むしろ頭脳がないとペンドラでは厳しいなと思います。(プラスフィジカルは絶対必要)


次に2-2回転を強くかける

WTTC 2013 Highlights: Xu Xin vs Kenta Matsudaira (1/4 Final) 

この試合が分かりやすいかなとチョイスしたわけですが、高レベルすぎて分かりづらいかもです。

この方法は回転を強くかければボールスピードも自然に遅くなるので相手に時間を与える一方で、相手の打球感覚に負担をかけることができます。

例えば自分より相手の方が「回転をかけるスキル」が劣っている場合で考えると、こちらの下回転を上回転に変えるができず、おのずと下回転→上回転(ドライブ)という選択肢がなくなります。そうすることで予測スピード(認識・判断を省ける)が使えます。

この試合の場合、

許昕がドライブしても松平選手がカウンターの数が少なく、ブロックを狙えるとかですね。(まあ、松平選手も許昕の時間を奪って、打球の威力を弱めてカウンターかちこんでたりするんですけど)


というわけで暫定になりますが、時間の作り方です。


1つ言えるのは、格上の場合、ほとんど相手の方が「ボール感覚」に優れるので、結局時間を作ろうと思っても中々作れないことが多いんですけどね。汗


参考記事「個の力をいかに高めるか」