コメントをいただきました。
-----
  • 中国ラバーについてしつもんです。どうして中国ラバーは難しいんですか?
    またドライブを打つとき面を開けという人もいれば、被せろという人もいます。どちらが正しいですか?
-----
質問ありがとうございます。

まず

中国ラバーがなぜ難しいと言われているのか?
これは中国ラバーの特性から考えてみると良いと思います。

中国ラバーの2つの大きな特徴として
1、回転がよくかかる&かけやすい(最大値高とかける敷居が低い)
2、飛ばない(飛距離は出るが反発力がない)

この2つの特性があると思います。

そこから考えると

回転が良くかかるということは相手の回転の影響もくらう、敏感になるということなのでボールコントロールが難しくなります。

そして反発力がないので、自分から常に打ち続けるということで時間的余裕の確保だったりインパクトの強さが必要になりますよね?


ということは要するに


テクニックとパワーがいるよね!となるわけですね。


テクニックとパワーを身につけるには、、、練習時間やら、フィジカルやら何かと努力量と時間が必要になります。


結果、難しい!という結論が出てくるわけですね。


これらのことを考えるのに良い動画があります。

 










次に、ドライブの時の「面」とか「角度」ですが、、、基本的に正解はないです。


というのも、ドライブを打つためには


まず「相手からボールが飛んできている」という前提がありますよね。


その相手から飛んできているボールは、、、上回転の場合もあれば下回転の場合もありますよね?


または自分の立ち位置、卓球台に近いのか遠いのか?


こういった条件を考えただけでも、面を開いた方が良い場合と被せたほうが良い場合が出てきますよね?


ですので、何かしら前提条件をいただければ、もっと納得のいく回答が出来るかもしれません。


まあ、質問者さんの「能力」や「スキル」によってもその方法は変わってくるので


究極は見てみないことには分からないんですけどね!


この記事が参考になれば幸いです。