コメントをいただきました。
-----
以前も質問したのですが取り上げられなかったので再度質問します 
チキータはなぜ難しいのでしょうか 
逆チキータやフォアの流しの技術の理屈はチキータと似ています 
しかし、これらが出来てもチキータは苦手という人が多いです(水谷選手も得意ではないと聞きます) 
チキータを難しいものにしている要因は何なのでしょうか
-----
質問ありがとうございます。

まず回答を。

・チキータはなぜ難しいのか?
[A]卓球台の中(台上)で強いインパクト(比較的大きめのスイング)を出し、相手の回転を上書きするのがそもそも難しい。相手コートに距離的に近づいているのに強振してボールを入れるというのは非常に難易度が高いと思っています。

・逆チキータやフォアの流しの技術の理論はチキータと似ています。
[A]私は技術を実行するといった点で見た時に反対の性質を持った技術だと感じています。

水谷選手がチキータを苦手としているのは、「出来る出来ない」という話の苦手ではなく、水谷選手のチキータの質(コース、回転、スピード)では相手が崩れてくれないという意味での苦手という話だと思います。



もちろん、意図的に使う場面というのも見受けられますが、基本的にはストップ、フォアのナックルでの押し込みからの展開を多用しているイメージです。


で、私がチキータと逆チキータやフォアの流しと反対の性質を持っていると考えるのには下記の動画を参考にしてください。




ボールの外側を捉える・・・チキータ
ボールの内側を捉える・・・逆チキータ、フォアの流し

となるので、技術を実行するための性質で言えば反対のものだと私は考えます。

で、卓球台の中という限られたスペースやボールが低い状況で強振するのは本当に難しいことです。

この感覚は正直、小学生のころなど(ゴールデンエイジと呼ばれる)感覚が発達する段階で卓球を始めていないと、ほとんどの人が習得に時間がかかるかなと。

卓球上級者や優秀な指導者と話しても「卓球台の中でのボール感覚は小学生スタートと中学生スタートではかなり違う」という話も出るほどです。(水谷選手の小学生時代はそもそもチキータの概念がほとんどなく、習得~展開を覚える時間が足りなかったと推測される。またフォアハンド主戦や台から距離を取るとか。岸川選手も少し世代が下の選手と比べるとチキータの質は落ちる。その分ストップとか流し、フリックは上手い)


これらが私が考える「チキータの難しさ」の理由です。
何かの参考になれば幸いです。