本日は誰も教えてくれないシリーズ!
「早い」打球と「速い」打球の違いと共通点について紹介します。


まず、こういったことをほとんどの初中級者が考えたことがないと思うのですが、、、漢字の意味から説明していきます。
「早い」=時間の経過的な意味
「速い」=速度・スピード

以前の私もそうだったのですがほとんどの初中級者は「速い」ボールを目指して、大振りになり、ミスが目立つ傾向にあります。
正直、「速い」テクニックは大きく振れば強くボールに当たれば、誰でも出来るっちゃ出来ます。

反対に「早い」という卓球のテクニックは初中級者ではほとんど使用されていませんし、
「早く」打つためには、「ある能力」が求められます。

この「早い」と「速い」は卓球の技術はかなり変わってくるのですが、ある共通の効果があります。
それでは動画をご覧ください。