コメントをいただきました。
-----
  • xiaさん、いつもブログ・動画を参考にさせていただいております。

    この度は質問募集ということで、質問させていただきます。
    私は卓球を始めてずっとシェーク裏裏で卓球をしているのですが、昔から裏面打法が得意でないペンの選手には『バックに集めておいて苦しくさせ、フォアに厳しいコースで撃ち抜く』というのを意識して試合しています。
    しかし、勝ち上がっていく上で現れるペンの選手達と対戦すると、裏面がシェークのバックと遜色ないくらい上手かったり(特にコース取りやしのぐ技術)、フットワークが速いと同時に、コースを予測されて先回りされているイメージを受けたりします。

    そのようなペンの選手が持つ、共通の苦手や、逆にこういうことをしてくる相手はカモだ、というものはあるのでしょうか?
    勝ち上がった先で上手なペンと当たった時は、試合の中で上手く組み立てられずほぼ敗北してしまいます。

    ぜひ、上級者ペンのxiaさんからアドバイスを頂けると嬉しいです。
-----
質問ありがとうございます。

ペンの選手が共通の苦手なプレーヤー、展開、逆に助かるプレーヤー、展開はどんなものか?ということでしょうか。

実際には色々なペンホルダーがいるので、共通のというのは非常に難しいのですが納得してもらえそうな回答を考えていきたいと思います。


まずは箇条書きします。
これらについて詳しくは書きません。
【苦手】
・攻めと打点が速い、もしくは攻めさせてもらえない
・とにかくブロックが堅い
・コースをしっかり突いてくる

【得意】
・1つ1つの技術精度が甘い
・短いサーブが多い


で、ここから王道のペン対策になりますが、、、


基本的に上手い・強いペンホルダーは「バックが上手い」もしくは「バックサイドが強い」ことがほとんどなので、ただ「バックを突く」ということだけでは崩せないことがほとんどです。

バックが上手いという表現でも色々ありますが、

質問者さんのコメントのようにシェークと遜色ないくらいにスムーズに振れる

また片面ペンホルダーであれば、バックブロックがとにかく堅い、プッシュもイケる、なおかつややナックルで取りづらい・・・

などなど、色々な「上手い」が存在します。




バックサイドが強いというのは、まあそのままなんですけど卓球台を半分に割った際のバック側が強いということですね。

まず、バック前の台上というのはペンが一番処理しやすいポイントになります。(特にレシーブ時)

大体の人が怖がって、バック前にサーブを出してくることが多いのですがバック前中心にサーブを出すのはやめたほうがいいと思います。

逆にガンガンロングサーブを出されるほうが困ります。

もちろん流石に回り込んでチョリっとドライブはするのでブロックがある程度出来ないと、対ペンドラに関しては少し厳しいかもしれませんが。




実際、回り込みの1発が打てる場合というのは基本「上手く誘い込めた」時限定なので

いきなりロングサーブを出されてもドカンと一発は中々打てません。

もし打たれるようだったら、それは「読まれてたか」サーブ自体の質が「甘かったか」のどちらかになるかと思います。


あとはどうしても「回り込み」の練習が多くなる(普段からバック狙われるし)ので

やっぱりただバックにボールを送るだけでは、ペンの良さを活かすだけになってしまうことが多くなると思います。




この誰でも簡単な対策として


鉄板の戦術としてはラリーの始まりで「フォア前、バック奥」を突くというのが、ペンの足を止める簡単な方法かなと。




この時のやっすんの戦術は一貫して「フォア前、バック奥」を徹底され、めちゃくちゃキツかったです。

これは練習でどうのこうのではなく、知識としっかり実践するだけで出来る方法なのでこのコース取りは是非試して頂きたいと思います。