記事はコチラです
「早い」VS「速い」!張本選手対カルデラノ 

「早い」と「速い」の共通点は何でしょー?というかなりザックリとした質問だったので(言葉足らずで申し訳ありません)回答が何となくバラけた&どのようにして答えたらいいのか分からない雰囲気がありますが、ここでは「早い」と「速い」が相手に与える効果としての共通点。ということでお答えしようと思います。

-----

    • 速さと早さって違うと教えてもらったのに共通点を探せって難しいですね、、、
      どちらもスイングスピードがないと成立できないとか?そのためには体勢が良くないとできないし体勢よくボールを待つためには相手の打球コースを予め予測して実際に反応することでしょうか?
    • -----
    • 早さにせよ速さにせよ、はやければはやいほど相手の対応する時間を短くすることができる、また相手の対応できる範囲を物理的に狭めることができる、といったところでしょうか。
      平野美宇選手のラリーで左右に振って打ち抜くラリー展開を思い浮かべるのですが、それも相手のいるサイドに打ち、対応させて相手の足を止めてからオープンサイドへ打つ事で、手を伸ばしても届かない状況を作った上でそこに打ち込む、という流れかなと。

      ただ、相手の時間を奪うといった事は以前のエントリーにも書かれていることですし、それ以外の要素があるに違いないと考えてはいるところですけど思いつかず…
    • -----
    • 相手の返球を難しくすることだと思います。
      ゆるい球なら色々な角度・打点・回転で返せますが、はやい球なら相手コートに返る範囲や球種が減り、またミスも増えます。
      早ければスイングする時間が減るために、回転をかけて安定させることが難しく、
      速ければボールの持つエネルギーが大きくなるために、球威によってオーバーミスが増え、それを防ごうと低く打とうとすれば前方向へのベクトルによってネットミスも増えます。
      さらに、ミスを防ごうとすればコースや球種が予測でき、準備してさらにはやい球が打てるという意味もあると思います。
    • -----
    • 単純に「相手コートへの到達時間が早い」ということではないでしょうか?
      経過時間という意味合いで、「相手の時間を奪う」ことに繋がりますよね。

      球速があることで逆に相手は「何もしなくても楽に返せられる」というケースや、ゆったりな球を送ることで「相手に大きなスイングを強いる(次の体勢に戻る時間を奪う)」というケースも存在しますので、
      私は相手への影響というところは省き、「到達時間が早い」で留めておきたいと思います。
    • -----
    • 単純なことしか思い浮かびませんが、相手の時間を奪うという事だと思います。
      また相手の時間を奪うという行為はスピード以外にもコントロールや変化や回転などの他の卓球の要素を使って行うことができるとも思います。速さや早さにはそのコントロールや変化や回転を作り出すという共通点があると思います。つまりボールに早く触れば自分でそれらを作ることができ、速いボールを打てばそれが必然的に相手の返球の変化やコースが甘くなることにつながるのかなと思います。
      早く触ることは自分で相手の時間を奪う要素を作り出す(逆モーション、起こりうる技術の幅を増やす)、それらで自分に有利にする。速いボールを打つことはそれによって相手の時間を奪い、相手のその後の動作を限定(コースの甘さ、対応力の低下)などを起こさせ結果的に自分に有利な状況を作り出すことなのかなと思います。
      ですが早く触る事は意図的な変化を作り出すことでの時間を奪うこと、速く打つ事は速く打つ事そのものに意味があり速く打てば必然的に相手の動作の変化が自分に有利になる事だと思うので、そういった意味では少し違うこととも言えてしまうのかなと思います…。共通点と言えるのかは分かりませんが自分の考えはこのような形です。
    • -----
    • 皆さんのコメントで球を打ったあとの効果が挙げられていますので、私からその前段階についての共通点かな??と思うところをコメントします。

      『早い』、『速い』球を打つためには

      『早い』 打点を早くしないといけない
      →相手が打ってくる場所を予測
      または、誘導する必要あり。

      『速い』しっかりと球を捉えてスイング
      →動作にある程度の時間を要するので
      相手が打ってくる場所を把握
      または、誘導する必要あり。


      どちらの球を打つにも
      『予測』
      をしっかりしないと難しいと思いました。
-----

さすがXia論法ブログの読者さん、既に言いたいことをかなり言われているので

今更、あまり言うことがないのですが、、、(汗)

「早い」と「速い」、どちらも「相手の打つ時間を奪う」ということに繋がります。

「相手の打つ時間を奪う」方法にもいくらか種類があるのですが、

コメントにもあるように「相手コートへの到達時間が早い」ということで「相手の打つ時間を奪う」ことが出来ます。

他の「相手の打つ時間を奪う」方法で例を挙げると、例えば球種の変化で「相手の打つ時間を奪う」ことが出来ます。

横下回転サーブなのか?横上回転サーブなのか?

頭の中で迷わせるだけで「相手の打つ時間を奪う」ことが出来ます。


で、「相手の打つ時間を奪う」が出来るとどうなるのか?というところを3段階くらいで紹介しますが、、、

1、めっちゃ奪った場合
奪いきって、キャパ(容量)オーバーした場合には「ノータッチ」で得点できるはずです。
ボールに触ることすら出来ないという状況ですね。これは「早い」でもそうですし「速い」でもそうですよね。

2、かなり奪った場合
かなり奪った場合には「タッチミス」が起きると思います。
何とか触ったけど、自分の思い通りにコントロール出来なくて、「あー、どっか行っちまったよ」という状況。

3、そこそこ奪った場合
そこそこ奪った場合には「入れることしか出来ない」もしくは「この場所しか返せない」もしくは「チャンスボール的な」といったボールが返球されると思います。
これは色々と状況的に難しい、というのも

「この場所しか返せない」というのはある程度次球を予測できる知識(セオリーなどを知る)が必要になります。

「チャンスボール」というのは、どういった球が自分にとってチャンスボールになるのか?という面もあるので一概にはチャンスボールが返ってくるとは言えません。(なので「的な」と付けています)


ただ、この「早い」と「速い」の時間の奪い方は基本的に練習量が多く要求される方法なので、あまり練習量が多く取れない方は違う方法のほうが良いかもしれませんね。

まあ用具で「早い」と「速い」を兼ね備えた用具もあるので、手っ取り早くそれを使うというのもありですが・・・

ちなみに私は

バックが「早く」て「速い」プッシュも出来る。

フォアは「遅くて」そこそこ「速い」ボールが打てる。といったところでしょうか。