先日、開催した千葉県の学生・社会人交流会にて

image





















引率者の方から

「○○市以外の中学校の統率の取れ方は非常に素晴らしいと感じ、我が市の中学校と比べた時に恥ずかしく思いました。このような機会をいただきありがとうございました。次回も誘っていただけると幸いです。」

このようなメッセージをいただきました。(ちなみに市外の子たちが出来すぎていただけで市内の子も悪い態度だったとかそういうわけではありません)


というのも市外から来ていただいたチームは

・男女県準優勝
・全中経験アリの先生
・同い年の熱血指導者(関東は何度も出場、先生自身が全中や選抜などの経験あり)


生徒たちはキビキビ動き、準備や片づけを率先して手伝う、わからないことがあればコチラに話しかけ聞いてくる、帰る際にはお礼の言葉が言える。

大人のような振る舞いが出来る子がたくさんいました。


事実、強いチームは規律や統率など「ピシッとしている」ことが多い。


ちなみに引率者の方の「我が市の中学校と比べた時に恥ずかしく思いました。」というのは

まったく子供たちに罪はないので、、、このコメントを言える状態に普段からしているのかどうかというところもあります。


こういうことは先生や指導者が教えることであり、自発的にできる子なんていません。

先輩の立ち居振る舞い

よからぬことをしてしまったときに先生が「それはダメだ」

とちゃんとした教育がされているからこそなので


まずは「教えてあげないと」出来るわけがありません。

まあ「教えて出来てなかった」のかもしれませんけど。(汗)


では強い=「ピシッとしている」なのか?という話ですが、そこはイコールではないという自分の意見です。

ただ、1つ考えられるのは「お呼ばれするチームや選手」なのか?

ここに礼儀や規律などが含まれるのかなと。


練習試合でいろいろな経験を積みたいが、「あのチームは呼びたくないな」というチームだと「経験」を積むことが難しくなる。


事実、自分の気持ちが「あぁ今回の交流試合は良かったな。次はこういうチームも参加させたいな」と思ったわけですし、市外の先生方は県外への遠征や関東の超強豪校との練習試合も行っています。

というわけで、ピシッとしているチームは強くなるための環境づくり(経験値)が出来るかもしれない状態なわけですね。


ちなみに読者の皆さんはどう考えるでしょうか?

感じたことなどをコメント欄に書き込んでいただければ幸いです。