質問をいただきました。
-----
xiaさんこんばんは、いつも読ませていただいています!

質問なのですが、目標としている試合が一月後にあります。

そこで、普段の練習+ラスト一月はこんなことをやった方がよいなどあったら教えて下さい。

普段は基本的にサーブ練習と課題練習を週3,4回×3時間程度やっています。
-----
コメントありがとうございます。

僕の考えになりますが、基本的に目標とする試合までに時間が短い場合は

「得意なことを鍛える」「得意な部分をさらに伸ばす練習」

を推奨しています。


というのも、勉強で考えていただければ分かりやすいと思いますが


好きな教科と嫌いな教科ではかなりモチベーションが違ってきますよね?

【参考資料】
「得意科目を伸ばす」or「不得意科目をなくす」どっちが先? 


苦手の克服より、得意を伸ばすほうが圧倒的に大事な3つの理由 


「苦手を克服」よりも「得意を伸ばす」。人生に成功する単純なコツ 


もちろん苦手なことをほったらかしにしていいという話ではありません。


優先順位としては、得意なことを伸ばしたほうが良い成績が出やすい傾向にあるということですね。


レベルがあれば「苦手」な部分が致命傷になることもあるので、そうなってきたらその苦手な部分を克服していけばいいと思います。


ちなみに




逆手チャレンジしている、この状態に関してはほぼ得意も苦手もない状況ですかね。(汗)

もちろん、あるはあるんですが「得意が武器」まで昇華されている状態ではないという感じ。(同じレベルであれば武器になりうる)

これくらいの技量であれば、、、まずは卓球人としての基礎スペック的なところ(ボールタッチや足の動かし方)をやりながら「あれ、なんかコイツここ上手いな~」的な部分を見つけることが先になります。

この記事が何かの参考になれば幸いです。