質問をいただきました。
-----
  • 10. へたくそで卓球好きかどうかわからなくなる人
  •  
  • 2017年07月05日 00:39
  • サーブの緩いあまり回転がかかってないボール(ネットより高くない)に対してうまくレシーブできません。
    普通のボールだと台上ドライブでかけ返したりフリックしたりストップしたりできるのですが、どうもオーバーミスをしたり空振りしてしまいます
    合わせようとしてもオーバーミスしたり打球点を落とすとネットミスをしてしまいます
    人に対策を聞いた結果低く合わせろということになったのですが緩いサーブを出してくる人はその人だけだし正直練習しづらいです
    ある程度は下回転がかかっている(ストップしようとしたら浮く)いるので台上ドライブで返したいんですけど緩い球に対する台上ドライブのコツはありますか?また、この技術の選択はあっていますか?
    また、他にも練習していて緩い繋ぎの球を低く返したり強打がうまくできません
    緩い球をうまくさばけるコツはありますか?
-----
コメントありがとうございます。

まずハンドルネームが衝撃で思わず採用してしまいました。

というのも自分自身も思い切りそういう気持ちになるタイプだからです。


この質問にはこの動画が役に立つと思います。




で、質問者さんは緩いボールがざっと苦手ということなので

何かしら「発力」しなければいけないと。


そこでオススメがやっすんの動画





方法1の「回転をかける」という方法。

この回転をかけるというのは何でもいいです。上回転でも下回転でも横回転でも。


正直、緩い球に角度や面、スイングで合わせるのって結構難しいんですよね。


弱く当てすぎれば相手コートに届かない


強く当てれば飛び出ちゃう


なので「回転」を「発力」で加えると。


なので、追加の質問にもある「緩い球への台上ドライブは選択肢と合っているか」というのは間違いではありません。


この間違いではないというのは


その台上ドライブがまず入っているか?⇒入らないなら間違っている


台上ドライブが入って得点出来ているか⇒相手がミスっているか?次のボールに自分が間に合っているか?返球が速すぎて4球目でミスを量産しているなら間違っている


もし間違っているなら違う「回転」をかけたレシーブから展開したほうが良いと思います。


この回答が参考になれば幸いです。