卓球知恵袋からコメントを引っ張ってきました
-----
  • がねさん・はじめさん見てますと、一定のレベル超えると守備型でも相応の攻撃力が無いと辛いところがありますね。

    ショートで詰めの段階まで行けてるのに、何本も返された上に盛り返されることもあり、終盤は無理を強いられる。
    フィニッシュの段階まで持ってったら早いうちにラリー終わらせられないと、相手にプレッシャーを与えられないし。
    もっと言えば、Xiaさんのショートのほうが鋭さがありますよね。その後の回り込みの素早さも兼ね備えてないと駄目なんでしょうが。。。

    守備型にとって、自分の展開なのに最後の決定力不足でやり返されるのが一番辛いですよね。手詰まりですもん。
-----
コメントありがとうございます。

動画はコチラですね。




守備型というか守備(ブロックなど)を起点にしてフィニッシュに持っていくタイプですね。

コメントにある通り、ある一定のレベルを超えてしまうと

ブロックで振り回しているだけじゃ点が取れなくなってくるレベルに到達してしまいます。

相手を崩しました→いかに得点を奪うか?ということになってくるんですけども

単純に攻撃力を身につけるというのもどういうことか分かりづらいと思うので


方法を2つに分けます。


1、相手の守備力を突破する攻撃スキルを身につける

2、さらに揺さぶる



ちなみに現状の基礎的なスキルから言って、はじめが「1」がねが「2」のほうがタイプ的には合っているのかなと思います。

1、相手の守備力を突破する攻撃スキルを身につける
方法としてはいくらかありますが、単純にブロックやフィッシュで返球されるよりも安定したドライブをする。正直なところ、相手を詰めてミスしたり盛り返されたりするのは主導権を握っててやられてるのでちょっとマズい。(汗)そういう状況があまりにも多すぎるのであれば、完全力負けしている可能性が高いので、どうしようもない場合が多いです。もちろん守備型なので攻撃が苦手というのは仕方ないことでもありますが。あとはコースをしっかり狙うということであったり、ボールを曲げるというのも1つの手段ですね。はじめは基礎技術のスペックがそれなりにあるので地道に安定感をつけたり、ボールに工夫を持たせるというだけでも変化が見られる可能性があるのではないかと思います。

2、さらに揺さぶる
これも方法はいくらかあるのですが、下がってるところでもう1回前に寄せるという方法が攻撃力がないプレーヤーにはオススメです。しかし、相手が前に寄ってきた後にもう1度攻撃を休んでしまうと逆にやられる可能性が高いので、結局そのあとの反応や俊敏な動きが求められます(汗)
あとはフェイントですね。打つぞーという雰囲気で打たない。ボールを前に落とすぞーという雰囲気でペシッと打つ。ドライブの速さや安定感以外の部分で攻撃していくという方法です。


しかし、この攻撃力不足というのは守備型には耳の痛い話かと思います。

やはり打たされて負けるというのもきっとどんな守備型も経験してきたと思いますし。

ただ、打たされて負けるのであれば「打たないで粘る」というのも1つの選択肢としてあることも頭に入れておいてもらえればと思います。


明らかに優先順位は入れる>ミス。なので。

ミスるくらいだったら、入れて相手のミスを期待したほうが確率は良いのではないでしょうか(もちろん相手のスキルによりますが)


卓球界の空気的に「ポワーンと浮いて来たら打たないかん!」という空気がありますが

正直、そういうボールってしっかり練習していないと微調整だったりボールへの力の伝え方が難しかったりするので、自分が「怖い!入らん!」と思ったら入れポンするのも1つの方法です。

その代わり、違う場面で点を取る方法を考えなければいけませんし、ずっとその状況から逃げるわけにもいきませんので最終的にはある程度克服しないといけないのですが・・・(汗)

攻撃力不足の克服や試合中の対応策など、参考にしていただければ幸いです。