おはようございます!

今回の世界卓球も波乱が起こってますね。

元々世界レベルなので実力が拮抗していることもありますし、今回は日本製のボールというのもありボールの得意・不得意といった部分も多少なりとも影響があると思います。


そんな中、僕が注目したのはスロバキアLubomir Pistej(何て読むんだ?)




0:12~から出てきます。

韓国の若きエース鄭栄植(チョヨンシク)に勝ちました。


バック前の感覚が気持ち悪いですね。(ほめ言葉です)リフトがえげつないです。

youtubeで調べたところ

2014年の紙ヤスリ?世界選手権に出てるという。笑




この感覚がリフトに生かされているんじゃないかと普通に思いました。