東京で卓球丼さん主催の卓球の学校の講師としてお手伝いに行ってきました


2017-05-17-08-58-242017-05-17-08-58-35

























































僕の基本的な受け持ちは

卓球3S理論の反射スピードを分かりやすく説明することと感覚を分かりやすく説明すること。

そして技術講習1コマ。


最初にこの卓球の学校は他の講習会とはちょっと違うんですよ。というアピールが自分の受け持ちになるのでちょっとプレッシャーがかかります。汗


そして反射スピードとか感覚は「目に見えない」ものなので、説明が難しいところであります。

ただ流石にもう3年もやっているので資料もアップデートし、バージョン8くらいまで更新されており

こういった講習会に参加してみようというレベルであれば大体どんな人にでも伝えられるようにはなっているのかな?と思います。
(まあ、自分はそう思っていても受講者に聞いてみなければわからないんですが)


技術講習の1コマは



中国フォアハンド正手拉球について

明らかにフォームが綺麗になり、インパクトが強くなりました。

技術講習は40分なので、とにかく「何か変わったことを感じてもらう」ということを意識しています。




練習時間が無駄にならない

少ない時間で効率よく上達

楽に上達、楽に試合で勝ちたい


そのためにも上級者が実践している正しい努力の方向性をなるべく伝えていきたいと思います。