コメントをいただきました。
-----
  • 質問です。
    よく初心者のおばちゃんとランダムでダブルスを組む大会(お楽しみ会?)があると思いますが、上手い男性と初心者のおばちゃんが組む時がありますよね?
    その時、上手い男性が決めようとして力んで空振りorオーバーするところをよく見かけるのですが、これの原因ってなんでしょうか?
    普段の練習や試合でくる球(スピード、回転がある)と違って遅い、無回転の球が来て距離感やラケットの角度、力の入れ具合が違うのが原因かなとは思うのですが、普段打っていない球だけに、調子の整えるのが難しそうです。
    これに対応する方法があれば聞いてみたいです!
-----
質問ありがとうございます。


この質問に似た記事を書いているので載せておきます。

【Xia】龍ヶ崎市卓球連盟チャリティー大会での気づき 

なんで上手くいかないことが多いのか?考えられる要因をざっと出してみると・・・

1、自分が打つ前のボールはパートナーが打っている
2、時間的余裕があるけど、いっぱい動かなきゃいけないから時間的余裕が結局ないかも
3、自分の打球によってパートナーが取れるか取れないか決まる 

1、自分が打つ前のボールはパートナーが打っている

ここをはっきり認識してるかどうかですね。
それこそ、ワタクシやっすんとダブルスを組むことが多いのですが
お互いの仕事や限られた回数しか組んでいませんので、あまり分かっておりません。

ここに来たらやっすんはこう返すことが多い
こういう状況はやっすんはこう返すことが多い

てのが今さらながらそんなに分かってないのです。なもんで、まずは相手の前に

「パートナーのことをよく知る」ということが強いダブルスなる第一歩だと思います。

強い人と強い人が急に組んでも上手くいかないことがあるのはこの部分が大きいかと思います。
まあ上記の、質問者さんのランダムでパートナーを決めるという場合は無理ですね。笑





2、時間的余裕があるけど、いっぱい動かなきゃいけないから時間的余裕が結局ないかも



image
 




















ラリーの流れとしてはこのような形で

シングルとダブルスでは「次に自分が打つまで」の時間的余裕の差があるのですが

ですが!

動画を見ても分かるようにダブルスのほうが「動く幅」がどうしても大きくなるので

結局動いたり戻ったり、邪魔にならないように動いてたら

次に自分が打つまでに時間があっても「打つこと」に集中できないのではないかと思います。

そのため、シングルでは入るようなボールでもダブルスになったらミスしてしまう。

こういうことが起きるのではないかと。


3、自分の打球によってパートナーが取れるか取れないか決まる

1の話と逆で自分の球によって、パートナーが取れるか取れないか決まってしまう。

質問者さんの状況は男性が上手い、女性が力として劣る。

普段であれば

男性 自分打つ(つなぐしかない)→相手打つ(ちょっと厳しい)→自分打つ(何とか取れる)

みたいなのが潜在的に感知出来てると思います。これがダブルスになると

ダブルス 男性打つ(つなぐしかないけどつないだら女性が取れない、少し自分の技術力を超えているが無理して打ったり女性が次取れるようなボールを打たなきゃー)→ミス!

打つという行動の中でとてつもない葛藤が生まれていると思います。汗


ここがミスしてしまう原因としては結構大きいのかなと。

次に打つのが女性で、その女性が取れるため、女性に迷惑をかけないために

少しでも良いボールを打ちたいのだが自分の技術力を超えてしまう。





なので、ダブルスはパートナーのことをよく知り、そのパートナーが打ちやすいとかミスしないボールを演出してつないでいくことが大事になるかと思います。

もちろん、調子が悪い時もありますので、そういったときには自分で点を取りに行く個人技も必要になります。ただ、それが自分の技術力を超えてしまったらやはりミスになってしまうので、そのときはやぱりつなぐしかありません。


自分の中で技術のある者同士が崩れていくパターンとして

どっちかがミスる→パートナーが俺がしっかりしなきゃ→ミスる→共倒れ

このパターンが多いので、とにかくつないでいくことがまずはダブルスでは大事だと思います。

まあ入れるだけでもダメなレベルがあるのですが・・・まずは相手コートに入れなきゃ何も始まりませんしね。


この記事が何かの参考になれば幸いです。