質問をいただきました。
-----
  • 強い人ほど、自分の試合や練習をビデオで撮って自分で見ることが多い?と思うんですが

    具体的にどういうのを確認してるんですかね?
    僕はとりあえずフォームを確認してるんですが、上級者はもうフォーム確認する必要ないと思うし、どういうのを見て考えてますか?
-----
コメントありがとうございます。

一度、似たような記事を書いているので載せておきます。
【Xia】がね「トップ選手の前日のビデオ研究って何研究してるんですかねー」 

書くことがほぼ同じになるかもしれませんが、ご了承ください。

あ、でも自分の試合を見るという観点なので違うか。


というわけで考えていきたいと思いますが・・・
基本的には3つなのかなと思います。

1、使っている戦術が良いのか悪いのか、ざっと試合の良かった悪かった点
2、戦術を構成している技術の精度や修正点
3、持っている戦術を使うのか、そこから違う戦術を使うために新しく習得しなければならない技術の洗い出し



1、使っている戦術が良かったのか悪かったのか、試合の良かった悪かった点

これはざっとした感想になるのかなーと思います。

見る試合にもよりますが、トップ層になれば同じ相手と何度も試合することがあるため
次はこうしたほうがいい。とか。ここが良くなかったから気を付けよう。とか。

相手はこの技術や展開が多かった。とかのざっとまとめた総括的な見方。

2、戦術を構成している技術の精度や修正点




例えば、後輩とやった試合などを見返すと

結構YGサーブからの展開にチャレンジしてて、

YGをフォア前~ミドル前に出してからの展開

YGロングを出してからの展開

を見たり

そもそも、このYGをいきなりドライブされてたりロングサーブを一撃でぶち抜かれてたりしたら

戦術以前に「YGサーブ」全体の精度が低いということになりますので

展開が良くても技術を磨かないとねとなります。

まあ、まだそんなに思い通りに出せないんですけどね。

3、持っている戦術は使えるのか、そこから新しい戦術を身に着けるのであれば戦術を実行するための技術習得など

最近、ちょっと考えているのは
「相手にわざとチキータをさせて、それをフォアで狙い打ってみよう」ということを考えています。

動画の後輩はフォア主戦でほとんどチキータを使わないので・・・


参考資料として早稲田大学のモチベーションビデオより

2:11~ 田添選手が竹岡選手に出したサーブを見てください。




分かりましたか?

世界系の動画でも同じようなことを実践しています。

バックサイドを切るように横回転系のサーブを出すことで「チキータ」を誘うことが出来ます。

4:05~誘ったけど乗ってこなくて浮かせたバージョン

6:15~誘って3球目狙い打ったけど、それを超えるスーパープレーされたバージョン




まあ、トッププレーヤーになれば「技術」は持っているので、それをどう組み合わせるのか?

というのを映像で全体像として捉えることで客観的に分析してるんじゃないのかなー?と思います。





試合ではなく、自分の練習を映像でチェックしている場合はフォームのチェック、この動きをしたときに弱いなど、そういった表面に大きく表れる部分をチェックすることが多いとは思いますが!


この記事が何かの参考になれば幸いです。