質問募集記事にてコメントをいただきました。
-----
  • Xiaさんが強いと思うカットマンの男女共通、または男女別の特徴はなんですか?
    いくつかの意見を聞いて参考にしたいです。
-----
コメントありがとうございます。

自分が考えるには基本的に男女共通で

1、ミスが少ない(しっかりカットで粘れる)

2、変化が使える

3、最終的に攻撃が出来る

image




































カットマンというか、第1段階は卓球プレーヤー共通ですね。

まず「相手コートに返そうぜ」というところ。

そのための要素として、ボールタッチであったりフットワークであったり色々やらなきゃいけないことがあると思うんですが。。。ここでは省きます。


で、入れるってのが出来てから「変化」

切ったり切らなかったりとか

サイドスピン入れたりとか


まず入れることが出来ないのに、この部分の練習をしても中々難しいのかなと思います。


最後に「攻撃」

ドライブとかスマッシュですね。

風潮として「最近のカットマンは打てなきゃダメだ!」みたいなところがあると思いますし

色んな場所で「打てなきゃダメですよね?」と聞かれることも多いですが

とにかくまずは相手のドライブなりスマッシュなりをさばけないことにはカットマンの意味がないかと思います。

トッププレーヤーも何でもかんでも攻撃してるわけではなく

「自分が攻撃出来るボールを演出して攻撃している」ということを忘れてはいけないかなと。

攻撃出来るボールを演出ってのはどういうことかというと

ナックルカット→浮かせて→ドカーンとか

サイドスピンツッツキ→打つコースを限定させて→カウンターとかです。


また3球目をいきなり狙いに行くこともありますが、それは2つの意図があるのではないかと思っています。

1つ目の意図「甘い球送ったら3球目打つよー。」とプレッシャーをかけ「相手レシーブに神経を使わせる」そうすることでミスが期待出来たり、相手のドライブの威力を抑制させカットをやりやすく効果。

2つ目の意図「サーブがかなり効いてて、終盤で横上を出したら結構な頻度で浮いてきてたから狙い打ち」という感じかなと。


なので、段階的に入れる→変化→攻撃となるわけですが


入れる練習というのは基本的につまらないので、みんなやりたがらない。汗

もちろん自分もあまり好きではありません。


卓球には「相手より1本多く返したら勝ち」といった格言があるように

まずは相手コートに入れるということが何より大事だと思います。


ただ、「入れるだけでは勝てなくなる」というレベルが存在するのも事実。


その辺の部分も今自分が取り組んでいる新しい挑戦で紹介できたらいいなと思います。


この記事が参考になれば幸いです。