おはようございます!

3月12日からラザンターが発売開始されましたね!

e9adc884-s 





















SNS、特にFacebookを回遊していると

各ショップさんがこぞって「ラザンター入荷しました!」みたいな感じで書いてるので

今期の注目商品ということで間違いはないのかなと思います。


で、実は僕もちゃんと全種類試打しています。


が!


基本的に貼るラケットはシェークが基本になるので、和の極み-蒼-などで打つんですよね。笑


そんなに試打でガンガンラバーを使うわけにもいかないので 正直、自分の使っている用具との比較がしづらい。汗


しかし、「あ、このラバーいいな」というのは感覚的に感じます。 


ざっとですが、「相手の球は返しやすくて、こっちから良いボールが出る」そんなラバーです。


いや、それ最強やん!となりますが、感覚的にはそんな感じ。


シートが薄くてスポンジが厚い。
食い込みやすくて、エネルギーロスが少ない設計になってるということですかね。


ただ、シートが敏感なラバーのほうがボールの質は高そうな気がします。

粘着とかエボリューションとかね。


しかしこういったラバーは


切れる・かかる=相手の回転にも敏感


というメリットとデメリットが混在しています。というかほぼ全てのラバーは長所と短所は表裏一体です。


しかしラザンターは設計開発により


デメリットをなるべく減らしながら、メリットの幅も減らさないように開発されたようなラバーだと思います。


自分はまずマイラケットに貼らせてもらうところがスタートになりますが


ペンホルダーであれば


バランスを考慮した


R47(フォアハンドやツッツキストップなどペンホルダーの王道系)

V47(ブロックやスピードで押したい)

R42( やや中級者向け)

というところが選択の幅になるのかなと思います。