コメントをいただきました。
-----
現在大学で卓球をプレーしているのですが、やはり格上の相手(特に3部以上の選手)には喰らいつくので精一杯な現状です。 
アドバイスとしてもらうなか共通して言われたことが打球の質を上げるということでした。 
ここでいう打球の質というのはやはり速さや回転量のことを言っているみたいですが、どのような練習をすれば質が上がっていくのかが現状わかりません。 よろしければご回答お願い致します。
----- 
コメントありがとうございます。

現在の3部以上(関東)となると、高校時代インターハイ出場、出場校のメンバーというのが当たり前という世界ですよね。

そうすると、ぶっちゃけかなり強い。汗 

で、質問者さんはアドバイスで「打球の質を上げなさいよ」と。ということは「当たり前にボールが入る状態」かと思います。これは打球感覚が身についている状態ですよね。

来た球に対して「こういう風に当てれば返せるなー」という感覚が大体身についている状態。


ちなみにボールの質に関しては、まだまだ研究段階にありますが「基本的に相手の時間を奪う」ものだと考えています。

●コースを突いて、相手を動かし、打つ時間を奪う
●速い球を打ち、相手の打つ時間を奪う
●強い回転量のボールを打ち、相手にボールを自由にコントロールさせない


で、質を高めるためにはどうすればいいのか?というところですが

1、当てるだけじゃなくてスイングする(速く)
2、インパクトを強くするコツを探す


ここら辺に関しては卓球というより「動作」的な研究となってくるので、専門外になりますが

自分もDVDのサポートを介した新しい出会いがあり、勉強中です。




こちらは勉強とかではなく自身の卓球だけの経験をがね君に落とし込んでいる状態。








最近、ワタクシ水泳を始めました。(まだ2回くらいしかやってない。汗)

というのも、首とか痛いし負担少なく全身運動をと考えて3歳~10歳まで週1回スイミングスクールに通っていたので、「ちょっとやってみっかな」という感じです。

ちなみに辞めた理由は「つまらない」からです。しかし、父親が「一番上のクラスに上がるまでは辞めさせない」ということで 7年間かかったわけですね。

一番上のクラスとなるとクロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ・メドレーそれぞれが規定タイム以内に入らないといけないので、一通りの形で泳ぐことが出来ます。 

で、大人になって始めてみてるわけですが少しは考える力もあるので「速く泳ぐコツ探し」やってます。 

水泳の本質?というか、結局速く泳ぐには「どうやって水との抵抗を減らすか」ってのを考えれば良いと思うので、「こうか?」「こうか?」と考えながらやってます。まあ、水着は新婚旅行でグァムに行った派手な水着なんで、めっちゃ水の抵抗凄いですけど。笑 


何が言いたいかというと、自分の球質を上げるというのは

「自分だけがうまくなる」ということなので「コツ探し」をやってみることが必要なのかなと思います。

そのコツが身体操作にあると思います。