平野美宇選手(EA)が3年連続全日本優勝の石川佳純選手(全農)を破り

優勝しましたが、平野選手の躍進について考えてみたいと思います。

 


ほぼ誰もが感じていることだと思いますが・・・汗

躍進の理由①攻撃的、球質の追求

今までの「安定志向」に加え、攻撃的&球質を追求するようになった。
どういうことか具体的にすると

ボールに触るタイミング(打点がちょっぱや(スピード))
スイングを大きくし回転量増加(回転)
コースの厳しさ 、石川選手が諦めるくらいのバッククロス一閃(コース)

コース、回転、スピードがより厳しくなったことで
石川選手が防戦に追い込まれた。

で、この防戦ってどういった状況かというと
「ボールに触って返すのがやっと」
「ドライブなど自分のボールにして返球することが出来ない」
「ボールをよく見て(打点を落として)返す」

トッププレーヤー同士で片方が「何とか触って返すしか出来ません」という状況になると、どうなるか?

余計に攻め込まれる。汗
トッププレーヤーは基本的に「ミスをしない」ので、相手が「入れるだけ」になれば余計にミスをしないし、今回の平野選手についてはどんどんギアを上げてさらにボールが厳しくなる。そして石川選手は返すのもきつくなってくる。→これがどんどん繰り返され、石川選手の技術やスピードのキャパオーバーが起きた時にミスが発生する。といった状況だったのかなと思います。 

トッププレーヤーになればなるほど、フィジカルや球質が大事になるということを思い知らされたゲームだったのかなと思います。(初中級者はぶっちゃけテクニックやと思います)



強さ②サーブからの展開、レシーブの心理戦

これはまあ①の付け足しくらいでもいいのかなという感じではあるんですが。。。

巻き込みサーブ(逆横)を台の中央から出し、バックにボールを誘って両ハンド。
広角にレシーブさせないようにして両ハンド。
徹底して、自分の良さが出るようなサーブからの戦術だったと思います。

レシーブに関しては左利きから出されるフォア前のサーブに対して
バック奥に強フリック&ブチツッツキで相手の攻撃を弱め、カウンター。

これで石川選手のほうにも迷いが出たのかもしれません。









とにかく、女子決勝を見て思ったのは「球質」「プレーの質」の厳しさ。
相手をどう守勢にもっていくのか。

もちろん作戦、戦術は大事なんですが、それらを全く「無」にするくらい
今回の平野選手のボールの質は高かったのかなと思います。


ちなみにですが「球質」と作戦についてサッカーの本田選手のコメントから考えた記事
ぜひ見て下さい! http://xia.diary.to/archives/49101684.html