以前も紹介したことがあると思うのですが、サッカーの名門市立船橋高校の指導について

youtubeで動画があったので紹介したいと思います。

 

 

強さの秘密①
自分と向き合う


強さの秘密②
厳しい競争社会


強さの秘密③
あえて壊す


まあ、正直なところ強いチームや強い人が「さらに」強くなるための考え方なんじゃないかなーというところは否めない気がします。


しかし大事なことかなと。


色んな場所を回らせてもらって、強豪校でも強豪チームでも大事にしていることが「まず人間として当たり前のことが出来るようになりましょう」ってところなので。


自分もめっちゃそういうこと言われましたけど、この仕事をするようになって「あ、そうなんだ。」って正直思ってしまいますもんね。卓球じゃないんかーいって。


自分自身、強豪校と呼ばれるようになった明豊高校


日本で一番の世界チャンピオンを輩出した名門、専修大学


こういった場所で運よく卓球をさせてもらいましたが、別に指導という指導はそんなないですし。汗


中学時代も卓球未経験の先生です。

a8f45872





















先生が異動になってからは中学校3年間だけ卓球をやっていた父親が外部コーチになり、地元によくいる「昔凄かったオジサン」に週2回教えてもらってました。

人口5万人の小さな町で卓球ショップも電車で1時間は行かないとない町なので卓球ショップに行ったこともありません。用具は日本式ペンなので「ダーカー神話」に乗っ取ってスピード15を中学1年から愛用。ラバーはマークVアツ。親から用具に頼るな。ということでノングルーです。

もちろん恵まれた環境ではあると思いますが、学生時代卓球をちゃんと経験した人に指導してもらったかと言われれば、それはNOだと思います。

なので、今は卓球を練習出来てた時に「もっとこういうこと考えられれば良かった」「こういう気持ちでやれば良かった」という気持ちがありますし、こういった環境があるので、自分が出来なかったことを伝えていきたいなと思います

田舎者で卓球は大好きだったので、全国大会に出た時にもう雑誌に載ってるプレーヤーとかを見ると舞い上がってしまって。。。そこは楽しめたり、勝ってやるぞーという気持ちで出来たらちょっとは違った結果が出たのかなと少しだけ後悔しています。

もうちょっと良い結果が出せたんじゃねーかなー!って。


少しずつこういった活動出来てきていると思うので、続けていけるように頑張ります。