最近、講習会でもよく言うのですが、「上手くなること」と「強くなること」は違うんだよー。

でもつながってるけどねー。みたいなことを言わせてもらいます。

image 





















簡単に言うと、上手くなる=自分の技術習得

ドライブが出来るようになりました。サーブが切れるようになりました。

 

まあ、こういうことですね。

というかyoutube動画で紹介されているほとんどのことが「卓球が上手くなるため」のものです。


強くなる=ざっとですが、「相手の球を打ち返す能力」

どこに来るか分からないボールを打てるようになりましょう。フットワークとかですね。

 


この2つはつながってるんだけど、別々に考えなければいけません。

自分だけが上手になる練習、上手くなる練習だけしてても試合では勝てません。

なぜなら卓球の試合は相手のボールを打ち返さなければいけないからです。


逆に相手のボールを打ち返す練習だけでもいけませんよね。

自分が下手くそだったら、相手コートに打ち返すことが出来ません。


ほとんどの人が「自分が上手くなる」ためだけの練習をやっていることが多いように思います。 




どこかで聞いた話ですが「先生、わたし勝ちたいの!」


練習中は「気持ちよくなりたいからスマッシュの練習させて!」


第3者の自分は、「いやいや。。。笑」 と思ってしまうのです。


もちろん勝たせて、気持ちいい練習させてというのも先生の仕事だと思います。 


勝ちたくてプレーしてる人、趣味や健康でプレーしてる人、人それぞれなので。


でもある程度上達したい、勝ちたいと思ったらこの部分は考えるべきかなと思うのです。