先日の知恵袋にコメントをたくさんいただいたので、詳しく書きます。



この動画では本当に『ざっと』の紹介になっていますので、誤解を受けてしまう表現や説明が乱暴な部分に関してお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

まず反発に関して、こちらもざっとになりますが僕の感覚ではこのような感じです。(もちろん板厚や木の硬い軟らかい、素材の種類、インナーに素材、アウターに素材によっても変わります)

①動画での表現として反発力、球離れ、初速
5枚<7枚<単板<素材入り

②回転のかけやすさ
5枚>7枚>単板>素材入り

これも板厚や他諸々で変わります。


動画内で色々な表現をしてしまって、誤解を与えてしまったと思います。


球持ち=回転かけやすいみたいに言ってるように動画は見えますが、回転のかけやすさは色々な要素があり、弾まない(板厚が薄い)、球持ちが良い、しなりやすい、ラケットの重心が先端寄り、などがあります。


合板で回転のかけやすさの話、単板で球持ちの話をしているので混乱させてしまったと思います。回転のかけやすさが大項目で球持ちは中項目として捉えていただければいいのかなと。合板は中項目の諸々の条件が多く含まれていることので、回転がかけやすいってことですね。

合板は単板に比べて薄い、飛ばない、バイオリンに関してはしなるから回転をかけやすい。

単板は厚いけど檜という木の性質上?球持ちがあり、回転をメチャクチャかけにくいということはない。このようなニュアンスです。


伝える側として、気を付けたいと思います。