今日は高性能すぎて業界がザワザワしているラバー

エボリューションELSについて書きます。

image 




































MX-Pを使っている自分ですが、簡単に違いを書くと

MX-Pは中~上級者向けの高バランスラバー

EL-Sは中~上級者向けの回転にやや特化したバランスラバー


で、めっちゃ正直に書くと「自分は使いません」

その理由として単板(厚ラケ?)に貼って使うと球離れが速い、シートが硬くて食い込まない。

結果プレーバランスが悪くなる。


動画で神威に貼ってるものを使ったときはクッソバランス良かったんで、しなるラケットや

インナー系の球もちがよい食い込むラケットはOKだと思います。ラケットを選ぶラバーのような気がします。



サーブ・ツッツキ、ストップなどの細かい擦る系のテクニックに関しては非常に良しです。


これって実はフォア主戦型には非常に大事な事なんです。


自分もよく「フットワークすごいねー」「やっぱりフォア振るためにはフットワークかー」「おじさんには無理だなー」

なんてことを言われるんですが・・・それは間違ってます。

もちろん、無理やりフォアで動くってのも1つの正解なんですが

それよりも「フォアで打てるボールを演出」することが大事だと思ってます。

その演出するボールってのがサーブ、レシーブ、台上、ループドライブ・・・といった

あまり目立たない地味な技術たちです。

 

今井君との試合でも台上での競り合いでうまくいったときやループをしっかりかけたときは先手が取れたり、ドカンと一発打てるボールが演出できてます。

(ただ、今井君も強いのでそれをかわしたり跳ね返したりもできてます)

中級者でレシーブにストップがあまりない場合も結局サーブでブッチリ切って相手のレシーブをツッツキに限定させたり、台の中央にレシーブを来させることができればドライブが打ちやすくなりますよね?


ELSはこういった先手争いで勝ちやすいラバーです。

なおかつスポンジが中間硬度なので上回転のラリーもやりやすい。

正直、先手取りだけで言えば粘着ラバーやもっと硬いラザントパワーグリップ、エボMXSのほうが優秀なんですけど

上回転の打ち合いが硬くて難しい。(強いインパクトを出し続けなければいけない)

ということで先手取りがやりやすく、上回転のラリーにも強いエボリューションELSです。

硬いラバーが好きな人、しなるラケット、球もちがよく食い込むラケット を使ってる人はラバーとの相性も十分引き出せて良いプレーが出しやすいと思います。



禁断のポイントバック 2倍キャンペーン実施中です
http://rubber.ocnk.net/product/2871