先日、一緒に試合に出た三菱重工名古屋の中村典正君


僕の左隣の小さい彼です。笑

中村典正君はペン両面表という、ほとんど見かけない珍しいスタイル。


多分日本一のペン両面表プレーヤー


下手したら世界一のペン両面表プレーヤーかもしれません。


【主な実績】
全日本カデット ダブルス3位
関西学生選手権大会ダブルス3位
全日本選手権出場
全日本社会人出場


『ラケット見たいってコメントがあったんだけど』

『俺なんかので良ければ全然良いよ〜』

ってことで写真をもらいました。



ラケットは分かりませんが、

ラバーはスーパースピンピップス

厚さがうろ覚えですが、黒が特厚、バックが中だった気がします。


ミートでガンガン打つタイプではなく、多彩なテクニックで相手をいなすタイプでドライブを多用するので


かなりラケットヘッドを下げて握っています。


今回、静岡学園のエースにも1-3の13-15まで迫りました。


『お互い戦型的にキツいな〜』『練習出来んけん感覚ないもん』なんて言いながらも目立つことは出来たかなと思います。笑


ちなみに中村典正君はショートが全く出来ない、バックは全て裏面で処理します。


裏面が表ソフトというのは、かなり難しく小学生時代の練習はめちゃくちゃキツかったと言っていました。


チャレンジするのは良いけど、そこまでオススメはしないとのことです。汗