こんにちわー



真面目に考えてみました。笑




今の卓球界のラバーといえばテナジーですよねー



僕もWRMに来るまでは




テナジーとラクザくらいしか知らなかったかもです。汗



まあ、スレイバーとかマークVとか王道系のラバーは



もちろん知ってましたけど!



ただ今みたいに新製品に興味はまったくなかったです。汗




で、なんで人気なのかと考えてみると



弾み、回転、使いやすさという3要素を



今あるラバーの中でもトップクラスで実現しているからと思います。



ただ弾みと回転がトップクラスだと



どうしてもじゃじゃ馬になるはずなんですけど



それがテナジーは弾みと回転に相反する「使いやすさ」というとこまで



兼ね備えているのが凄いなぁと。



大体ラバーというのは特徴があれば、その反対の特徴があるはずなんやけど



例えば、



回転がかかる⇔相手の回転にも敏感



相手の回転に鈍感⇔回転がかけづらい



スピード、回転が高性能⇔じゃじゃ馬、球離れが早い



扱いやすい⇔スピード出ない、回転もあまりかからない





みたいなね。




なので




その相反する特徴をクリアすれば



テナジーのような長く大ヒットするラバーが出来るんじゃないかなぁと思いました。



ツブ高なのに裏ソフト並に切れる!みたいなのとか



ボンバードが食い込み良くなってスピードが出る!とか



難しいやろうけどね。



もちろん、こんなことは開発者の人も分かってるやろうしね。



まあ、自分なりに考えてみましたー