【Xia論法】卓球極意まるかじり【WRM】

卓球上級者の持っている感覚や視点の言語化に取り組んでいます。WRM蘇我店[卓球ショップ]の店長です。







今日は七夕ですね・・・家族でイベントなんてことはなく。汗本当に申し訳ない。福島県で活動する「GROLY」さんの合宿に呼ばれたので行ってきます!GROLYさんは地元開催のクラブ選手権の2部で準優勝、福島の名門・帝京安積高校のOBが中心になって結成されたチームです。高校 ...

-----い さんの分析、相変わらず凄いですねーい さんは何者?-----コメント欄で話題にすらなってしまう「い」さん。実はXia論法コミュニティ(DVD購入した人だけが入れる秘密のグループ)でもキレキレのスレッド&コメントを書き込んでくれます。 実は顔出しなどNGの方なの ...

質問をいただきました。-----いつもブログを拝見させていただいております。今回のことで質問があります。 できないことができるようになる練習は、多球練習などを通して行うことで達成されると思います。ですが、無意識にできるようになる練習はどのようにすれば良いのでし ...

ネタを考えるのがシンドイ&中々見つけられない&要望に応えたいといった時に定期的に発動する、このブログ記事。 既にコメントで『ゆっけ』さんから良さげな質問をいただいてるので、まず最初に答えようかなと思います。(明日のブログ記事予定です) 質問が思い浮かんだ方 ...

7月1日と2日で福岡県の千束中学校さんとドリームさんに呼んでいただきました! ドリームさんは千束中学校さんに来ることを聞きつけ、Facebookから連絡をいただき急遽行くことが決まったという初めてのパターンでした。 千束中学校さん、最後の総体ということで3年生の1 ...

本日は僕からの挑戦状です。(笑) ズバリ!あなたは練習の意味について答えることが出来ますか? これは僕が考えたことではなく日々のブログや卓球上達の研究をする中で調べていた時に見つけたことです。非常に良い内容だったので、それを卓球版にアレンジしました。 ...

コメントをいただきました。-----単板から厚みが減った反転式に変えて、ショート(ブロック)のやりにくさは感じませんか? 私は単板を薄い反転式に変えてから、バックにゆっくり飛んでくるループドライブの処理がうまくできなくて…-----ありがとうございます。いただいた ...

まずはこの記事をご覧ください。http://yakyukakumei.com/2016/03/970 とりあえず野球の常識として左右対称ではないということ。誰かに聞いた話ですが、右利きの体の使い方をそのまま左利きには教えていない。でも卓球ではそんなことはないんですよね。左利き専用で教えるっ ...

6月20日?発行のTAKZiNE53号新発売のDVDの特集を組んでもらいました!そして巻末の「打ちたガール」では奥さん登場。(笑)なかなか夫婦で雑誌に登場というのはレアケースです。東北の名門・東北福祉大学出身東北学生ダブルス準優勝、シングル3位全日本選手権2回出場福島県国 ...

おはようございます!本日は要望をいただきました、単板から反転式に移行した際の削りについて紹介します。私自身、加齢による身体能力の低下・店長職・DVD販売によるネットと現地での全国サポート、プライベートでは3歳になる息子を持つお父ちゃんになり、仕事だけでも自分 ...

中国オープンにて、予選で森薗選手に勝ち、4決定で丹羽選手に勝ちとどんどん進化を続ける張本選手ですが かなりバックハンドに偏ったグリップをしていることに気づきました。これはフォアハンドをしている画像ですが・・・ラケットのエッジ部分がやや人差し指寄りにあるので ...

本日は卓球上級者が実践しているサーブを分かりづらくさせる立ち方の秘密について紹介します。このサーブの時の立ち方なんですけれども初中級者と上級者では大きな違いがあります。言われてみればとても簡単な違いなんですが、誰も気づかない・指摘してくれないポイントだと ...

昨日、埼玉のクラブチーム「アンディーズ」さんと埼玉大学さんの合同練習会に参加してきました。 このアンディーズさん、実は代表者の方が自身が販売しているDVDの購入者で購入者だけの秘密のグループでガンガン話題を投稿してくれる「常連」さんです。次は「アンディーズ」 ...

みなさんからどう見られているか分かりませんが、先日とある方から「私はWRMのスタッフさんを指導者とは思ってないんですよ」という言葉をいただきました。自分としては少し複雑な思いもありながらですが、「まあ、そう感じられていると思います」私自身もどういう立ち位置な ...

コメントをいただきました。-----一年くらい前から、「出来ない技術で、試合で出来ることはないか?」というのをたまに考えています。 結論を簡潔に申しますと、思いつくことは「ハッタリをかます」だけなのですが(笑) 例えば、フォア前のレシーブが全くダメダメで、必ず失 ...

↑このページのトップヘ