【Xia論法】卓球極意まるかじり【WRM】

卓球上級者の持っている感覚や視点の言語化に取り組んでいます。WRM蘇我店[卓球ショップ]の店長です。





先日、誤審疑惑のあった世界卓球2019 女子ダブルス決勝 誤審問題については、僕以外の方がSNSで発信しているので、そこには触れません。2ゲーム先行して、4ゲームなぜ奪われてしまったのか?自分なりの解釈を紹介したいと思います。ダブルスはサーブレシーブが半面からスタ ...

あなたは角度を間違えたからミスったんだ。と言われたことはありませんか?実は角度を間違えてしまったらミスしてしまう人、角度を間違えても入る人、角度は合ってるのに入らない人、3パターンの卓球プレーヤーが存在します。また、角度がそもそも間違った状態からスイングを ...

世界卓球2019日本男子丹羽選手 ベスト8張本選手 ベスト16水谷選手 ベスト32森薗選手 ベスト32吉村選手 2回戦敗退?韓国男子アンジェヒョン 銅メダルジャンウジン ベスト8チョヨンシク ベスト16イサンス ベスト16イムジョンフン ?もちろん今回の結果だけで簡単に測ることはで ...

世界卓球、張本選手残念でしたね…張本選手に限らず、若い世代のプレーヤーはなんとなくリズムが一定です。前あり、後ろあり緩急といったリズムやタイミングの変化というのがとても少ないです。ベテランのボル得意のループ相手から打たれそうなら、すぐ距離を取ってブロック ...

今更、世界卓球をYouTubeで見返して(仕事で全然リアルタイム&テレビでは追えず)馬龍の「受け」の強さ、上手さというところに目が行きました。 レシーブでちょっと浮いても、卓球台と絶妙な距離の取り方で返球しつつ相手に連続攻撃をさせないんですよね。カルデラノ選手の ...

先日、誰も教えてくれない確実に強くなる練習メニューセミナーの質問回答(79個)を行いました 21:45~角度の間違えとミスは直結しないということについて説明しています。3分程度で聞けるので是非見てください。後々、誰も教えてくれないシリーズで詳しく配信していこうと ...

コメントをいただきました。-----チャンピオンになる感覚…何かの大会で勝ち残る感覚、といったところでしょうか。「頂上に立って初めて見える景色がある」みたいな…「試合に勝つ」部分は置いておくとして、最後まで上りきる感覚であれば、山登りで疑似体験できるのかもと思 ...

男子シングルスは馬龍女子シングルスは劉詩雯 馬龍は抜群の安定感で劉詩雯は本当に報われてよかった・・・馬龍とファルクの試合を少し見ましたが、めちゃくちゃレシーブが上手だなーって思ったんですよね。安定感→守備の巧さという風につながってくると思うのでセールの ...

本日は現役日本リーガーとの対決動画!今回、出演いただくのはJR北海道(北海道)の岡れいさ選手です。岡選手は全日本10回出場、日本リーグ通算72勝(1部/2部)と活躍中です。元日本リーガーとして、実業団のトップ選手が多く活躍する日本リーグをより多くの方に知ってもらい ...

男子決勝は馬龍対ファルク先日、高速卓球になって表ソフト全然アリですね。みたいに書いたファルクがまさかの決勝進出。オモテの未来は明るい?林高遠VSファルクhttp://xia.diary.to/archives/55101576.html例のごとく、全然試合は見れてませんが、世界卓球めっちゃ面白いで ...

とっても難しいですよね。ある人は基本打法(フォア、バック)のことを言いある人は・・・ほかに何かあるかな?あまり思いつかないですがでも、ほとんどの人が卓球の基礎は「フォア、バックの基本打法を身につける」こととはあまり感じれてないと思うんですよね。基礎とは・ ...

コメントをいただきました。-----質問です。 試合後に怖さがないと言われることがありました。 怖さがあることでそこに送らないようにすることでミスをすることはわかるのですがそもそも怖いと思わせるようなことがどんなことがわかりません。 仮説として3球目にえげつな ...

以前、出してきた情報例えば、こんなのや  こんなの 様々な勉強を重ねてきて、自分の中で根拠が生まれ、自信を持って情報を出す、自信をもって教えられるようになりました。こういった体の部分は布袋先生ならび、高橋佳三先生、小関勲先生が大きいですね。自分自身の身体 ...

別に憂鬱になっているわけではないです。現在、卓球についてのコンテンツは割と書ききったなーと思う節がありまた、質問いただいてるものは割と前提の知識がそろっている人じゃないと理解できなかったりとどういうことを書いていこうかなーと模索中です。NewsPicksに感化され ...

おはようございます!卓球上級者や優秀な指導者の感覚や視点を言語化して教え上手な人を増やす。という旗の下、ほかにも卓球界の微妙なラインというのを言語化に取り組んできたわけですけども。 例えば、用具もそうです。これも誰も教えてくれないシリーズに認定したいです ...

お、お疲れ様です。4月になり、環境の変化も激しい中、なかなか自分がついていけてません。件名にもなっているグリップの持ち感。あなたはどう表現しますか?ラケットを握っているラケットを持っているラケットが挟まっているラケットが入っているラケットが置かれている各地 ...

本日は卓球上達ピラミッドを使って、ステップアップ式のドライブ練習30法選を紹介します。単純にドライブの練習法として参考にしていただいてもいいのですが・・・上達のステップを理解して練習していただくと上達のスピードがめちゃくちゃ変わります。何が言いたいかという ...

↑このページのトップヘ