【Xia論法】卓球極意まるかじり【WRM】

卓球上級者の持っている感覚や視点の言語化に取り組んでいます。WRM蘇我店[卓球ショップ]の店長です。






本日は最近の講習会で効果のあった『切れた』サーブ3ステップ習得法について紹介します。みなさん、色んなサーブを覚えたいと思いますがまずは「切れた」サーブを絶対覚えたいですよね?この方法はペン・シェーク関係ない、戦型も関係ない、巻き込みや順横、バックサーブなど ...

そ、そーいえば日本リーガーや全日本クラブ選手権優勝チームのメンバーが集まる 日本でも最高レベルのオープン戦の茅ヶ崎オープンの結果は ダブルス準優勝、シングルスはベスト8ということで去年に比べてダブルスが1ランクアップという結果でした。 で!レディ ...

卓球知恵袋からコメントを引っ張ってきました-----がねさん・はじめさん見てますと、一定のレベル超えると守備型でも相応の攻撃力が無いと辛いところがありますね。ショートで詰めの段階まで行けてるのに、何本も返された上に盛り返されることもあり、終盤は無理を強いられる ...

最近、各地に講習会など行かせていただく機会が増えてきました。その中で各地のトッププレーヤーの方に普及活動にご協力いただき、自然と良いラリーも飛び出しました。ペンドラっぽいアグレッシブなプレーがたくさんありましたので、皆さんにお楽しみいただきたいと思い動画 ...

お疲れ様です! 明日6月10日、高田馬場にある水口卓球道場さんで15時から講習会をさせていただきます。 急になんぞや?というところですが・・・   Xia論法第2弾 反射スピード徹底解説編の発売記念講習会です! いち早く、高田馬場店・蘇我店では数量 ...

興味深い動画を見つけました。 元全日本チャンピオン、ロンドン五輪銀メダルの平野早矢香さんが「生きた球、死んだ球」について語っている動画です。動画内で平野さんは「生きた球とは自分の打ったボールの回転が残っているボールです。」そしてワタクシの以前の記事生きた球 ...

先日のブログにて【Xia】世界卓球の波乱&快挙!平野選手や張本選手の「高速卓球」って何が良いの? 高速卓球の良さについて語ったんですが・・・今回はその逆、高速卓球の害について考えてみたいと思います。高速卓球の代表例 丹羽選手対樊振東選手 高速卓球の良い面とし ...

記事はコチラ【Xia】質問がないという状況について(どのように考えますか?)-----合っているかは別にして私の意見としては、ちょっと失礼な事書いていますが以下の3つを挙げます。・「これ聞いても馬鹿にされないだろうか、という羞恥心」 (講師の方というより、周りの同僚 ...

学校、お仕事、部活にお疲れ様です!6月10日(土)より開催の店舗決算セールのご案内をさせていただきます!!動画に関しては賛否両論、色々と意見があるとは思いますがご容赦ください。(汗)私個人としては店長として1年間をしっかり締めくくる&Xia論法第2弾DVD販売記念の講 ...

馬龍、樊振東、許昕、李尚洙・・・ 予想等はしてなかったんですが 馬流行が優勝しましたね! 今回もたくさんの波乱がありました。 色々な要因があったとは思いますが、世界のトップレベルになれば実力も 拮抗しているので、波乱というかあれだけの対戦があればそれな ...

久々にペンホルダーに特化した動画になりますかね。(汗) 今回は「やり方」とか「方法」を説明する動画ではありません。 「考え方」をどう持つか、この考え方をインストールしてこれから練習にどう生かしていくのかという動画になります。 ...

外側と中身の話ってことですね。パッと言うと「練習方法(やり方)は大体同じだよね」ということ。普段、情報公開されない場所でご協力いただき撮影させていただける機会が増えてきました。今までも思っていたのですが、やっぱり「特別な練習」をやっているところはないです ...

皆さん、ご存知の通り平野選手が準々決勝でフォン選手にストレート勝ちし、48年ぶりのメダル張本選手が2回戦で先輩の水谷選手に勝ち、タイペイの選手に勝ちベスト16入り    この2人の共通点と言えば「高速卓球」が挙げられると思いますが・・・例えば、ボールが速い・ピ ...

卓球界は世界選手権で賑わっていますが、茅ヶ崎市卓球協会からのお誘い&全日本実業団のダブルスの合わせでやっすんと茅ヶ崎オープンに参加します。日本リーガーも出ちゃったりする、オープン戦の中では日本でもトップクラスのレベル激高の試合ですが・・・昨年はダブルス準 ...

おはようございます!今回の世界卓球も波乱が起こってますね。元々世界レベルなので実力が拮抗していることもありますし、今回は日本製のボールというのもありボールの得意・不得意といった部分も多少なりとも影響があると思います。そんな中、僕が注目したのはスロバキアLub ...

6月になりましたね! 6月はWRMの決算月となっており、まあざっと言えば1年を締めくくる月となっています。 去年は自分なりにも頑張れたかなという気持ちです。 まだ来年への抱負!というのも早すぎるのですが Xia論法DVD第2弾のD ...

ワタクシも関東に引っ越す前までの18年間地方局3つ+NHK(月9のドラマが1週間遅れの17時から放送されるような地域でした)そして高校時代はテレビ禁止。汗関東に来てから、「何て関東はテレビが面白いんだ」と思いましたね。僕の実家では世界卓球をテレビで見ることが出来ま ...

コメントありがとうございます。-----根本的な疑問なんですが、カットマンの存在意義とはなんでしょうか? ルールや用具的にカットマンには厳しい時代だとかそういう話も聞きますがそれでもカットマンが存在するのは何故なんでしょう。 地区大会県大会レベルを考えれば、カ ...

本日は母校である明豊高校の素の練習風景を紹介します。 明豊中高は15年前に設立した中高一貫校です。・14年連続インターハイ出場(うち、ベスト8が7回?8回?)・第41回全国高校選抜卓球大会3位中学校は・全中優勝 1回・選抜優勝 1回その他全国ベスト4以上、多数入賞。今 ...

↑このページのトップヘ